Race Search

大会検索

Topics

「第31回天草宝島国際トライアスロン大会」がエントリー開始!

2016. 01. 06

5月22日に熊本県天草市・苓北町周辺で開催される「第31回天草宝島国際トライアスロン大会」のエントリーが1月5日(火)からスタートした。締め切りは同月18日(月)まで。
 
本大会は国内で初めてスタンダードディスタンス(51.5km)のレースを開催した伝統ある大会。その歴史の中には2014年に記念すべき第30回大会を開きつつも、2015年は残念ながら運営体制を見直すために開催を見送った経緯もある。

しかし、新たに「熊本県トライアスロン連合」と「天草市トライアスロン協会」が中心となった実行委員会が発足し、今回はよりパワーアップした体制で開催される運びとなった。

部門、人数としては九州選手権・国体予選の50名、エイジ一般の450名、そしてリレー100組(3名1組・300名)の計800名が熱いバトルを繰り広げる予定だ。
 
本大会のコース内容は未発表だが、過去のレイアウトとしてスイムは沖に向かって375m先のポイントを2回折り返し、続くバイクはスタート直後に急激な上り坂が待ち構えるなど決してレベルは低くなかった。ランに関しては新たな実行委員会から現在コースを見直し中との情報も届いている。どのようなレイアウトになったとしても51.5kmをフィニッシュする感動が高いことは言うまでもなく、多くのトライアスリートが本大会の開催を待ち望んでいただろう。
 
天草市の史跡、風光、人情、産物などの"宝"を盛り込むという意味を込めて「天草国際トライアスロン大会」から一新した「天草"宝島"国際トライアスロン大会」。
"五足の靴"で有名な下田温泉や崎津天主堂など観光名所も近くにある同大会にぜひ参加してみよう。
 
◆第31回天草宝島国際トライアスロン大会・公式サイト

http://amakusa-triathlon.jp/
◆大会概要・トライアスロンスタイル

http://www.triathlon-style.com/race/area_kyusyu_okinawa/ts168/

前のページに戻る